婦人

炭酸水を料理に入れれば高級ランチに早変わり

  1. ホーム
  2. 料理に炭酸水を使う利点

料理に炭酸水を使う利点

コップを持つ人

炭酸水で料理をおいしく

炭酸水を料理に使う炭酸水調理が最近流行っています。炭酸水の中には二酸化炭素が入っていて、それが料理に様々な変化を引き起こします。そんな炭酸水を料理に使うとどんなメリットがあるのか紹介します。料理の場合、炭酸水は水のかわりに使うことが多いです。例えば、ご飯を炊く時に水の変わりに炭酸水を入れるとふっくら炊き上がります。歯ごたえも弾力がありつつ、もちもちとして水で炊くよりもおいしくなります。炭水化物の中に含まれる二酸化炭素がお米を立たせるので一粒一粒に熱がいきわたりやすくなるのでご飯の炊きあがりが良くなるのです。他にも、煮物をするときに水のかわりに炭酸水を使うことで、煮物がやわらかくなるなどの効果もあります。コーラ煮という炭酸を使った調理法は昔からあり、煮たものを柔らかくするという効果は注目されていました。これらは、二酸化炭素が中にしみこみ、熱で気化するときに具材の繊維質がほぐれるという仕組みで柔らかくなります。また、パンケーキの中にいれるとふっくら、サクサクと仕上げることができます。この効果は重曹を入れたときと似ているのですが、重曹には独特な風味があるので、それが嫌う人が重曹の変わりに炭酸水を使うことが多いです。卵料理にも炭酸水は効果てきめんです。卵に炭酸水を入れることで、焼いたときに気化した二酸化炭素のおかげで卵がふっくらします。これは二酸化炭素がタンパク質に取り込まれやすいという特性を利用した料理法です。